Monthly Archives: 5月 2013

自分がカップルの場合の別れさせ屋

自分が別れたい場合にはその相手に別れさせ屋の工作員を接触させ、好意を抱かせるのです。
好意を抱かせ、今付き合っている人(この場合は自分ですね)と別れて付き合いと思わせればいいのです。
相手から自分に別れを切り出してもらう事になります。

この場合は、互いに別れたいという気持ちで一致していますから、スムーズに別れへと進むことができます。
これが別れさせ屋として一番のいい形の別れさせかたです。

この形に全ての対象者を持ち込むことは不可能です。
中には工作員に全くなびかない対象者もいます。

それだけ人の気持ちを動かすのは容易ではないないのです。
しかし、なびかないということは、それだけ、自分が相手にとって大切な人だということの再確認ができます。
別れたいと自分が思っていたとしてもうれしいことがわかりますよね。

別れさせ屋としては失敗なのですが、決して悪い気持ちのしない結果ですよね。
最終的に別れるという選択を互いにしたとしてもすっきり別れられるはずです。

カップルの場合の別れさせ屋

カップルでの別れたい場合の別れさせ屋はどう動くのでしょうか。
不倫や浮気の場合よりは簡単に思えるかもしれません。

カップルの場合は、世間体などを気にしている事もありません。ですが、意外に難しいのです。
相手側に納得をしてもらわなければ、最善の別れとはいえませんしね。

しかし、別れたい理由が「他に好きな相手ができたから」ですんなり納得してくれる相手は少ないです。
自分がそんなことを言われても納得いきませんよね。

別れさせ屋という第三者がカップルを別れさせるのは難しいのです。
男性は女性よりも未練が残りやすく、別れを切り出すと逆上して暴力、
その場は別れたとしても思いが完全に途切れなければストーカーなど付き合っているときよりも事態は悪化してします。

女性は嫉妬心や怒りが先に来てしまい男性を恨んでストーカーなどに発展する事があります。
そうならない様に双方納得して別れさせる。別れさせ屋はいろんな経験をしていますから、対象者にあった別れ方を提供しています。

別れ

自分に利用する別れさせ屋

今までは第三者の観点で誰かと誰かを別れさせたい場合の別れさせ屋をみてきました。
しかし、自分が相手と別れたいという事もありますよね。

特にカップルの場合や自分が不倫や浮気をして居たたまれない気持ちになってこの環境から抜け出したいという形もあります。
しかし、自分からはどうすることもできないそんな風に悩んでいる方も多いのかも知れません。

けれども悩んでいるだけでは何も解決しません。一度別れさせ屋に相談をしてみたらいかがでしょうか。
相談をするだけでも心は軽くなります。

自然消滅ではなく別れたいからどうしたらいいのかと相談するのは後ろめたいかもしれません。
けれども、別れは終わりではなく、新しい出会いのためのスタート地点です。

みなさんも、多くの別れを卒業式や引越しなどで経験しているはずです。
悲しいものですが、悲しいだけで終わってはいないはずです。

別れさせ屋は新しいスタート地点への一歩を踏み出す手伝いをしてくれているのです。

不倫の場合の別れさせ屋

続いて不倫です。夫婦間あるいは既婚者と独身のケースがあります。

夫婦は長い期間一緒にいるものですから、新しい出会いはとても新鮮であり、
また自分は「不倫」という危ない恋愛をしているというドキドキ感が魅力的な恋愛です。

しかし、不倫は対偶者に悲しい思いをさせてしまうものですし、いい結末を生みません。
不倫はなるべくならしない方がいいのです。不倫の程度もさまざまです。

遊びや身体・お金目的といった軽いものでしたら、別れさせ屋としても楽な工作で済みます。
しかし、本気だとすこし厄介ですね。不倫相手にぞっこん状態の対象者が工作員に振り向くのか。

また、本気の人たちは自分たちが不倫という悪い事をしている自覚がないことが多いのです。
別れさせ屋は別の相手となる工作員を送りますが、あくまでも不倫を止めさせることです。

話会いで互いに納得いく形が一番です。そのためは、別れさせ屋は念入りな事前調査を行います。
それが上手くいくかを分けるといっても過言ではないのです。

調査