Monthly Archives: 9月 2013

待ち伏せ行為をやめさせたい

夫がストーカー被害にあうようになったのは3年ほど前からでした。
夫はスポーツクラブでインストラクターをしているのですが、お客さんの一人の女性が何を勘違いしたのか夫に一目ぼれしたようで、まるで恋人か夫婦であるかのように夫に付きまとうようになったのです。

最初は夫にも非があるのではないかと夫を疑ってしまいましたが、しばらく様子を見ているうちにそうではないことがわかりました。
その女性の妄想の中では、夫は本当に彼女の恋人か夫なのでしょう。
毎日毎日家で待ち伏せしてたり、職場から帰るときに待ち伏せしていたりするようになっていました。

ただ、嫌がらせの電話を掛けてきたりとか警察に対応してもらえるようなことはしないのです。
毎日ずっと彼女に見られて待ち伏せされているような感じです。これには主人もほとほと参ってしまい、とうとう体調も崩してしまいました。

なんとか彼女の待ち伏せ行為をやめさせる方法はないかと別れさせ屋に相談をしてみました。
無理やりではなく、自発的に離れて言うように仕向けることが大切だと言われましたが、本当にそのとおりになりました。別れさせ屋にお願いして助かりました。

DV男から彼女を救い出すために

職場で知り合った彼女は女性らしく、とても優しい子でした。
とても控えめで守ってあげたくなるような子です。
二人で食事に行ったりするうちに親しくなり、真剣に交際を申し込みました。でもなかなかOKしてくれません。

どうしてなのか理由を聞いたところ彼氏からDV被害にあっているというのです。
それも彼女自身はちゃんと別れたいという意思表示をしているのに、別れを口にするたびに暴力を振るわれてしまうとのことでした。

その時は彼女自身が諦めてしまっているような状況でした。
彼女はそのDV男にはもう未練も愛情もない。ただ暴力が怖くて別れられないし、自分が他の男性と付き合ったらその相手にも迷惑を掛けてしまうから付き合えないのだと泣いていました。

その話を聞いたら、何とかDV男から彼女を救い出したいと思いました。
それから必死になって方法を考えて、別れさせ屋にお願いすることにしました。
別れさせ屋さんはさすがプロです。DV男は彼女の前から姿を消しました。
今では彼女と一緒に暮らすことができています。

カップル

腐れ縁から開放されました

おさななじみの彼女とはなんとなく腐れ縁で付き合っているのかいないのかはっきりしないまま続いていました。
その関係が急変したのが1年ほど前でした。

きっかけは共通の友人の結婚でした。
私も彼女も一緒にその結婚式に出席したのでしたが、彼女は同級生の結婚に影響を受けたようで、結婚願望を強く持つようになったのです。

それからというもの、それまでのあっさりした関係から一転して、積極的に私にアプローチしてくるようになりました。
それまでも私の家に来たことはありましたが、鍵は渡しておらず、いつの間にか勝手に合鍵を作って、仕事から帰ると食事を作って待っているようになりました。

私がそれを喜べればよかったのですが、腐れ縁で付き合っていただけで、結婚相手として彼女を選ぶこともできませんでした。
彼女にもそう伝えましたが全く聞き入れず、座敷藁氏のように私の部屋に居ついたのです。

たまりかねて別れさせ屋さんに相談しました。
別れさせ屋さんは腐れ縁の彼女が自分から、私から離れるようにしてくれました。
腐れ縁から開放されて本当に助かりました。