Monthly Archives: 10月 2013

お見合いというパワハラから彼を守る方法

5年半付き合っていた彼から別れを切り出された時は目の前が真っ暗になりました。
とても信じられずに彼にすがって、どうしてなのか、私が何か悪いことをしたのかと問い詰めてしまいました。
そうしたら彼がポツリポツリと話し出しました。

会社の上司に言われて取引先の専務のお嬢さんとお見合いをしたこと。
そのお見合いで相手のお嬢さんに気に入られてしまい、結婚するように上司から言われていること。
この縁談を断れば会社にいられなくなるし、そうになったら経済的にも迷惑をかけるから結婚は諦めて欲しいということでした。

私は驚き、また物凄く怒りを覚えました。
私に何も言わずにお見合いする彼もどうかと思いますが、今時お見合い結婚を強要するなんてパワハラです。
しかも断ったら会社にいられなくなるなんて。

そこで別れさせ屋さんに彼のお見合い相手との別れを依頼しました。結果、お見合い相手の心変わりという形で彼との結婚話はなくなりました。別れさせ屋さんのおかげで私と彼はこの秋に結婚することになりました。

母のために父を取り戻さなくては

私が小さい頃から父はたびたび浮気をしていたようでした。
けれど今度ばかりは少し深刻度合い違いました。半年ほど前から父が家に帰ってこなくなったのです。
母も最初はいつもの一過性の浮気だと思っていたようです。放って置けば、そのうち相手の女性と別れるだろうと。

ところが出張だなんだと言い訳をして帰宅する日が徐々に少なくなり、そのうち言い訳すらせず外泊するようになり、とうとう帰ってこなくなりました。
私としてはもう離婚してしまったほうが母のためなになるのではないかと思っていました。

けれど、母は帰って来ない父を思って隠れて泣いていました。
その姿を見たら、母のために父と愛人を別れさせなければならないと思いました。
あまり人には相談できないことでしたが、いろいろ調べて別れさせ屋の存在を知りました。

もう、母のためにという思いだけで必死でした。嫌がる母を説き伏せて別れさせ屋に連れて行ったところから全てが好転し始めました。今、あともう少しというところまで来ています。思い切って母を連れて別れさせ屋に相談に行って良かったと思っています。

はさみ