介護で疲れた母と介護ヘルパーの恋

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 介護で疲れた母と介護ヘルパーの恋
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
介護で疲れた母と介護ヘルパーの恋別れという名のもとに

祖父が倒れてからずっと、10年近く母が祖父のお世話をしてきました。
娘の私が見ていてもとても献身的に尽くしていました。私だったらとてもそこまではできないと思っていました。
ところがそんな母が家を留守にするようになりました。

いままでなら祖父の世話のために自分自身のことは後回しにしていた母です。
自分の用事ででかけるなんて考えられませんでした。
ところがある日母が家を留守にしている間に祖父の容態が急変して救急車で運ばれる騒ぎになってしまいました。

兄や父も病院に駆けつけて大騒ぎをしている時、最後に病院に着いたのが母でした。
父は烈火のごとく怒り、どこにいたのか母を問い詰めました。それで分かったのです。
母が介護ヘルパーの人と会っていたことが。

父の激怒は収まるところがありませんでした。
私もショックでしたが、怒っていても始まりません。
父をななだめて、別れさせ屋さんに相談しました。

その結果、母と介護ヘルパーの人はすぐに別れることになりました。
そして母は介護ヘルパーの人が自分を女性として見てくれたことが嬉しかったのだと、介護だけで終る人生が悲しくなったのだと言いました。今では父と母は仲良く出かけたりしています。別れさせ屋さんって、本当にいるのですね。

Comments are closed.